サクラ大戦 スロット アルゼ

サクラ大戦 スロット アルゼ

 その動きは流麗であり本当の獣の尾のようにも見えた

 動きだけで獣と錯覚させる葛篭はそれだけで牙を向いているようにも思える

 木幕も槍を中段に構えた

あなたも好きかも:パチスロ やめ どき
 久しぶりに槍での立会となるが、貴族の屋敷を襲撃してその動きは大体思い出している

あなたも好きかも:スロット 招き猫
 あとはこれで何処まで葛篭と戦うことができるか

 それだけである

 お互い、礼はしない

 戦場の猛者と獣

 戦場での立会で礼などしていてはそれだけで首を掻かれてしまう

 獣が相手を尊重するとは思えない

あなたも好きかも:パチンコ 設定付きとは
 敵を見つければすぐに自身の身を守るために牙を向くだろう

 互いが互いの理由を今自分に押し付け、得物を握る

「獣や獣、おういおい」「葉我流槍術、一の型」 葛篭は一歩踏み込み、跳躍した

 それに対して木幕も一歩踏み込み、グッと槍を握り込む

「跳ねる兎よ、おういおい!」「旋風!」 木幕が攻撃をする前に地面にズダンッと着地した葛篭は、獣ノ尾太刀を後方に引き込む