パチンコ 男塾 甘

パチンコ 男塾 甘

あなたも好きかも:北斗無双 チャンス目 スロット
このくらいじゃ、誤魔化されないんだから!」 リーパーの手を引いて、僕は『エピックシーカー』に戻っていく

「はいはい、道すがらに教えてやるよ」「ふふっ、この世界も楽しそうなものが一杯

アタシは楽しいよっ」 暗い道の中、僕たちはおしゃべりしながら歩く

 遠めで見れば、僕たちは兄妹のように見えるだろうか

 それが堪らなく心地よくて、同時に堪らなく不安だった

執務室に戻った僕とリーパーは、ローウェンの元気な声に迎えられる

「カナミっ、スノウからいい話を聞いたぞ!」「いい話?」「もうすぐ、この国で強さを競い合う大会があるそうじゃないか

あなたも好きかも:パチスロ リノ 6号機
それに出て優勝すれば、きっと私の望みは叶うはずだ

どうやら、カナミの手を煩わせることもなさそうだな」「そういえば、そんなのもあったような……

確か、『舞闘大会』だっけ? 確かに、丁度いいね

ローウェンの望みにぴったりだ」「ああ

あなたも好きかも:スロット クラブz
早速、登録しに行こうと思う!」「いや、いやいや

もう遅いよ

明日にしようよ」 いまにも出て行こうとするローウェンを僕は窘める

「む、いまは夜なのか(・・・・・・・)? そうだな……、ならば仕方がないか……」 ローウェンは残念そうに足を止めた

 僕は彼が大人しくなったのを確認し、疲れた様子のスノウに声をかける