オンラインパートタイム稼得中学校生の獲得

オンラインパートタイム稼得中学校生の獲得

あなたも好きかも:セイント星矢 スロット
5つの支柱と無数のワイヤーで支えられた全長210mの長大過ぎるとしか言いようがない砲身が、赤黒い夜空に浮遊する天空都市へと向けられていく

 災禍の紅月によって滅亡しかけている異世界で、”要塞同士の砲撃戦”が始まろうとしていた

5つの支柱で支えられた全長210mの巨大な砲身が、爆炎が轟いてくる砂漠へと金属音を響かせながらゆっくりと旋回を始める

”塔”が1つもないにもかかわらず、巨大な岩山の中に造られたテンプル騎士団本部が”タンプル搭”と呼ばれる所以となった決戦兵器が照準を合わせたのは、ウィルバー海峡方面に広がる赤黒い夜空の真っ只中にうっすらと見える天空都市ネイリンゲンであった

 岩山の外へとまるで亀裂のように伸びる3つの通路に設置された検問所のゲートが解放され、ゲートの開放を確認した警備兵たちが大慌てで通路へと退避してからスイッチを押し、隔壁を閉鎖していった

タンプル搭にある検問所のゲートは、シャール2Cの分厚い正面装甲を流用した代物であるため、戦車砲どころか航空機の爆弾や大口径の機関砲の集中砲火を受けたとしても風穴が開くことはない

しかし、合計で33基の薬室を使って発射される200cm多薬室砲(タンプル砲)の衝撃波を受け止める羽目になれば、タンプル搭を守るゲートがあっさりと吹き飛ばされてしまう

 そのため、砲撃前には必ずゲートを開放し、爆風と衝撃波の”逃げ道”を作ることになっていた

 主砲であるタンプル砲が旋回を始めるとともに、周囲に設置されている合計6門の36cm要塞砲も旋回を始めた

口径は旧日本海軍の扶桑型戦艦や伊勢型戦艦の主砲と同等であるものの、改良を受けたことによって発射可能な砲弾の種類が増えており、更に射程距離も伸びていた

 戦艦であれば主砲となる巨大な兵器であるが、タンプル搭の要塞砲からすれば、36cm砲は”副砲”に過ぎないのである

あなたも好きかも:リゼロ スロット 万枚
 タンプル砲の砲身を切り詰めて細くし、砲身に搭載されている32基の薬室を全て取り除いたかのような外見の36cm要塞砲にも、徹甲弾が装填されていく