暇な時間を使ってオンラインでお金を稼ぐ

暇な時間を使ってオンラインでお金を稼ぐ

魔物の一種のようなので、おそらくは召喚獣かテイムされた魔物なのだろうとイリーサは考える

うにゃーと寝言を言う姿は可愛いかった

(あんなにデカいのにちょっと触ってみたいかも……) そんなことを考えて見ているイリーサの後ろから声が聞こえた

「まだ、いたのか……あの男の子供は」 気が付けばイリーサの後ろに父がいた

あなたも好きかも:ナイツ スロット bgm
「お父さん?」 イリーサの声に父ライオも娘がいることに気付いたようだ

「なんだ、イリーサか

薪割りまだ終わってないだろう

さぼるんじゃない」 父の咎める声にイリーサは首をすくめる

だが目の前の状況が分からないのでは、気になって仕方がない

「でも、あれ?」「後ろにライルの坊ちゃんもいる

あなたも好きかも:まり る スロット
あれはバーンズ家の関係の方々だろう」「ああ!?」 イリーサが父の言葉を聞いて馬車の後ろを見るとそこには以前に見かけたことのあるバーンズの跡取り息子がいた

ハイヴァーンの武門の筆頭であるバーンズ家の長男のライル・バーンズ

 何度か村に来たのを見かけたことがあったが、村の男たちにはない都会らしい洗練された顔立ちと仕草に村の少女たちからは黄色い声が聞こえたものだった

 以前に比べてさらに大人びたライルにイリーサも目を奪われるが、だが一緒にいる少年はさらに顔立ちも整って、落ち着いた大人の雰囲気を出していてイリーサも心臓がドクンッと跳ね上がったように感じた

 もっとも周囲の視線はそんな少年たちよりも、彼らの乗っている白亜の石で出来た馬と水晶で出来た馬に向けられていた

「都会ってのはあんな凄いモンに乗ってるんだな」「おう兄弟、来てたのか」 ライオの横にはミルラの息子であるジランが立っていた

イリーサの父であるライオとジランは互いを兄弟と言い合う

同じ村の出身だからだろう