市場でお金を稼ぐ方法

市場でお金を稼ぐ方法

立花は誘われたらしっぽ振って付いていくらしいけど流は絶対ない」 無感情な慰めに、「誰がしっぽ振るって」と立花は目を据わらせる

そんな彼を無視して、生美は鼻から深く息を吐いた

あなたも好きかも:ブラック ジャック ルール カジノ
「そんなに心配なら電話してみたら? 一日一回券は残ってるんでしょ? 向こうは今……夜の十一時くらいかしらね

起きてるだろうし」「女連れ込んでベットの中かもな?」 生美は「いい加減にしなさいよっ」とテーブルに置いていたペンを掴んで投げる振りをし、立花はすぐに両腕を上げてブロックしつつ吹き出し笑う

こういうときの男子は、水を得た魚、その者だ

 優樹はみんなの目を気にすることなく涙で濡れた顔を上げ、グスグスと鼻を鳴らしながら上着のポケットからピンク色のスマートフォンを取り出し電話を掛け始めた

隣から加奈が新しいティッシュで鼻を拭ってやり、優樹はされるがまま

それを見て生美は「ったく……」とため息を吐き、愉快げに笑う立花を睨み付けた

「からかうのはやめなよ

あなたも好きかも:闇堕型クラッキー
真に受ける性格してるんだから」「ここまで泣いてくれるとおもしろいだろ?」 注意しても懲りずに笑う立花に、生美はじっとりと目を据わらせた

その間に電話が通じたのか、「……もひもひ」と鼻の詰まった声でしゃべり出す優樹に立花は「プッ」と吹き出した

《優樹?》「……流ふん……」《どうした? なんか、しゃべり方がヘン》 怪訝な声だが、彼の声を聞いた途端、またブワッと涙が溢れて顔を紅潮する

 優樹が「うっ……、う……」と息を詰まらせ出し、泣いている、とわかったのだろう、反町は《ち、ちょっとっ……》と焦りを露わにし出した