一日中オンラインでお金を稼ぐ方法

一日中オンラインでお金を稼ぐ方法

 始まりが異なりますから、誰が見ても『ウイングマン』と『僕のヒーローアカデミア』が同じ「枠組み」だと気づくことすらできません

異世界転生は換骨奪胎の最たるもの『小説家になろう』で「異世界転生ファンタジー」が流行っていましたが、これなど「換骨奪胎」の最たるものです

 すべての物語は始まると同時に「なんらかの力が働いて一度死に、異世界へ転生する」話という身も蓋もない「枠組み」が導入となっています

 トラックに轢かれたり、身投げしたり、入水したり、心臓発作だったり、神様に間違えられて殺されたり

あなたも好きかも:犬夜叉 スロット 声優
死に方はさまざまですが、とにかく主人公が死ぬところから始まります

 主人公が死んだところから始まる物語がなぜ人々にウケるのでしょうか

 現世が生きづらいと感じている方が多いから、というわけでもなさそうです

あなたも好きかも:エリエール カジノ
 おそらく「読み手に異世界のことを説明する手間が省けるから」だと思います

「異世界ファンタジー」は最初から「異世界」にいるため、「異世界」のことを読み手に説明する手間が必要です

あなたも好きかも:スパイクチュンソフト ビデオゲーム
しかも説明くさくなるとそれだけで読まれにくくなります

説明くさくならずに説明しなければならない、という矛盾を打開するだけの筆力が多くの書き手にはないのです

「異世界」を説明するというたったそれだけのことですらできない書き手が、それでも小説を書きたいと思えば、逐一説明しても当然である前提が必要になります

だからこその「異世界転移」であり「異世界転生」なのです

 現実世界の人物が、あることをきっかけにして「異世界」へとやってくる

だから「異世界」のことをまったく知らないのです

 であれば主人公の見るもの聞くものすべてが「新しいもの」であり、説明文を大量に書いたとしても違和感が薄くなります

それは主人公自身が知らないことばかりだからです