オンラインカード

オンラインカード

元々ワシの姉はサモナーじゃったんじゃがな

アルケミストに転職したのじゃよ」「転職?」「転職でサモナーとしての力量はかなり低下した筈なんじゃがの

それでも実力はオレニューに迫るじゃろうな」「そんなにですか」「ワシもオレニューも頭が上がらんのじゃ」 それは実力とあまり関係ないように見えます

あなたも好きかも:都内 スロット 交換率
「話を戻しませんか?」「そうそう、あの娘達の力量を見るのじゃったな」 職員さんが仕切り直してくれる

 ありがたい

「さすがにキースの手に余るのではないかな?」「そうじゃな」「オレニューよ、本来ならばお前さんに預かって貰う筈じゃった娘達じゃ

お前さんが面倒を見るのはどうかな?」「キースもおるのにか?」「大して手間は変わらんじゃろ」「お待ち!」 ゲルタさん、凄い形相をしてますが

あなたも好きかも:ウィッチワークス スロット
 何かにお怒りの様子である

あなたも好きかも:ブンタウ カジノ
「オレニューのような邪道の錬金術を仕込まれなどしたら困る!」「それは酷い言い様じゃぞ」「黙れ、師匠に破門されたお主が言うことではないわ!」 いやはや、凄い剣幕である

「私がこの娘達を預かる!」「おいおい」「それにそこのキースじゃが、一定の力量は既にあるじゃろう

認めてもいいのではないかな?」「まてまて」「どうじゃな?」 ギルド長が職員さんと師匠と何やら距離を置いて相談し始めた

 オレ達も相談しておくか

 どうやって? ウィスパー機能を使うのだ

『何やら雲行きが怪しくなったな』『どう思います?』『いい感じで探索も進めてたのが勿体無い気もします』『いや、冒険者ギルドの意向には従っておいた方がいいかもな』 そう

 指名依頼だって良く考えたらNPCの意向を受け入れ続けていたが故にあったようなものだ

『それにさっきの召喚だが錬金術のレベルアップも必要って事なのだろうな』『私達って錬金術はまるで鍛えてません』『これが機会として都合がいいって事ですか?』『ああ

まあ私はアデルとイリーナの意向が優先でいいと思うが』『むー』『ちょっと即答はできません』『私は受けていいと思うよ

いつまでも一緒に冒険できるとも思えないし』『はい』『では、いいんですか?』『無論だ』『私は受ける方向で』『イリーナちゃんに同じく』『うん

それでいいと思うよ』 そこで内緒話は打ち切った