お金を弾くためにオンラインで

お金を弾くためにオンラインで

 ウルクは、右腕を掲げた

「なんの真似だ?」 セツナの姿をした魔晶人形は、無表情かつ無感情でもって、こちらを見ていた

「どうしたもこうしたもないわ」 ミリュウは、警戒を解こうとはせず、刀を構え、相手の出方を伺った

その相手とは、寸分違わずセツナそのものの姿をした人物だ

姿形、声、態度、なにもかも、ミリュウの思い描くセツナそのものであり、それ以外のなにものでもなかった

あなたも好きかも:cri・ミドルウェア ビデオゲーム
どこにも怪しいところはなく、普段のミリュウならば喜んで抱きつき、だれもいないことをいいことに、彼を独り占めにできることに満足さえしていただろう

 しかし、彼女は、そのセツナそのものの人物に違和感を抱いてしまった

 違和感の出処は、よくわからない

あなたも好きかも:ドラクエ カジノ 換金
 彼は、セツナだ

だれがどう見ても、セツナ本人というだろう

あなたも好きかも:スロット まどマギ art直撃
セツナを知っている十人が十人、彼をセツナと判断し、認識するはずだ

(それなのに……どうして?) 違和感は拭いきれず、故に彼女はラヴァーソウルの柄を握る手に力を込めた

余分な力が入ってしまうのは、相手が相手だからだ

もし仮に、本物のセツナだったら、どうしよう

そんな不安も彼女の中には渦巻いていた

だから、問う