花の慶次 パチンコ

花の慶次 パチンコ

 ラジオから流れていたピアノの演奏は終わってしまったらしく、もう聞こえなかった

別のチャンネルに変えようかと思いつつスイッチへと手を伸ばすと、ラジオから男性の声が聞こえてくる

また物騒なニュースが始まるのだろうと思いながらスイッチを押そうとした次の瞬間、私はラジオから聞こえてきた少女の声を聞いて凍り付く羽目になった

『――――――世界中の皆さん、こんにちは

モリガン・カンパニー社長の”ラウラ・ハヤカワ”です』 ――――――ラウラ? またしても、赤毛の少女の姿がフラッシュバックする

あなたも好きかも:人生ゲーム オンラインゲーム
 ラウラ

あなたも好きかも:夕飯 スロット
 この赤毛の少女の名前なのか

あなたも好きかも:ビーナスライン パチスロ
『災禍の紅月で、この世界は大きな被害を被りました

先進国の都市は廃墟と化しており――――――――』 ラジオから聞こえてくる彼女の声が――――――剥奪された記憶が収まっている箱の鍵を、こじ開けていく

隙間に浸透して膨れ上がり、鍵穴をひしゃげさせて強引に開け始める

 ラウラ

《私の未来のダーリンなんだから、無理して死んだら絶対許さないんだから》《大丈夫

君なら勝てる》 そうだ、”私”は『ライラ』じゃない

 頭の中に会った記憶を剥奪していた箱の鍵が、砕ける

ひしゃげた蓋がゆっくりと開き、その中に封じ込められていた記憶たちが噴き上がる

《あいつのガーディアン計画さえ実現していれば、もう誰も苦しまない世界を作れたんだ! お前はその計画を台無しにしたんだぞ!?》《そんなに感情のないホムンクルスの世界が好きなら、人形と1人で遊んでな》《このクソ野郎がぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!》 ”私”じゃない

”俺”だ

 一年前の災禍の紅月で、俺たちは災禍の紅月の元凶となった天城輪廻と戦った