オンラインマネーチーム6.

オンラインマネーチーム6.

 冒険者が入り込めるように設定している場所は全体の三割ほどで、眷属たちが生息している階層は二割弱、残りの五割近くは、ほとんど手つかずになっている

 これは別に自然の状態を大事にしているというわけではなく、これ以上の階層に手を付けても目を通すのが難しくなるためだ

 一層一層が非常に広いアマミヤの塔では、全てを管理することなどほとんど不可能だというのが考助の考えなのだ

あなたも好きかも:千葉 県 2 円 スロット
 勿論、眷属を召喚するだけ召喚して、あとは知らんぷりということもできなくはないが、ほとんどやる意味がないと考えている

 考助の答えに、フローリアは納得したのかしていないのか、微妙な表情で頷いていた

あなたも好きかも:ブラックジャック 後遺症
 それを見た考助は、内心で首をかしげていた

「なにかあった?」 スライム島は、それこそ昔からあるので、今更こんなことを聞いてくることに違和感を感じているのだ

 勿体ないという理由だけで、フローリアがこんな顔をするはずがないという確信が、考助にはあった

あなたも好きかも:カジノ必勝法
 考助の問いに、フローリアはリンとスーラへと視線を向けてから、もう一度考助を見た

「いや、先ほど、結界の話を聞いたときに思ったんだがな・・・・・・?」「うん」「それほどの技術を持っているスライムが誕生している島で、海に対応した個体が出ていないと考えるのは、不自然ではないかと思っただけだ」 フローリアのその言葉の後に、しばらくの間沈黙が下りた

 そして、考助はその場で頭を抱えた

「・・・・・・確かに、その可能性はあるね

というか、今まで考えつかなかった自分が恨めしい」「そうですね

私もまったく思いつきませんでした」「いや、私もこの場に来て、スライムを見て思いついただけだからな」 考助とシルヴィアが感心するのを否定するように、フローリアが首を左右に振りながら答えた