ブラックジャック 大会

ブラックジャック 大会

あなたも好きかも:ベヨネッタ スロット 検定
目の前のそれを必ず打倒する為に

かつての恐怖を払拭する為に

ミラは——「——輝けるは地脈の賢人《アルカマスタ・ウィル・ホピア》——っ!」——ゴァア——と、ミラの両腕に紅蓮の炎が逆巻いた

あなたも好きかも:マクロス パチンコ デルタ 設定
と、同時に、僕の中に疑問が生まれる

その魔術は炎を無効化する為のものだった筈だ

あなたも好きかも:パチンコ マジハロ スペック
でも、あの魔竜は火を吹かない

よしんば吹いたとしても、ミラなら余裕で躱してみせるだろう

じゃあ……なぜ? 答えはすぐに浮かんできた

「——っしゃぁあ——っ!」 バチバチと青白い光の線と、そして轟々と揺らめく炎の尾を残し、ミラは一直線に魔竜へと突進していった

作戦なんて必要無い

自分の持ってるものを全て見せる

その為に——その人に今の自分を見て貰う為に——「——お前なんかに覚えられてても——嬉しくなんかねえよ——っ!」 きっと、僕も笑顔を浮かべていたんだろう

ミラがそうである様に

魔竜がそうである様に

その人が——ふたりがそうである様に、僕達は小さな奇跡に笑みを溢したのだ

「——勝て! ミラ!」 ミラの拳は竜の腹を貫き、そして魔竜はそのまま力無く倒れていった