ヒルトン カジノ

ヒルトン カジノ

その代価こそ精神力だ

つまり、神人たちがセツナの精神力を消耗させるためだけに弾幕を張ってきたのだとしたら賢いし、これまでただ破壊と殺戮を撒き散らすことしかできないと想われていた神人にも戦術を練ることができるというと考えていいことになる

 それはそれで悪い情報だが、一方で女神からの通信が気になった

彼女は、なにかを伝えてきている

あなたも好きかも:ジエン モーラン スロット
『……皆、悲鳴を上げていたぞ』「いや、まあ、そうだろうけど……そんな報告、いるか?」『皆、おまえに恨み言をいっている』「……ああ、はい」 セツナは、憮然としながらも女神の配慮に感謝した

皆の恨み言が女神を通してセツナの耳に筒抜けにならないよう、配慮してくれたのは考えるまでもなくわかることだ

皆がセツナに対し恨み言をいうのは当然だ

なぜならばこの高空からの強襲作戦を立案し、実行に移したのはセツナ自身であり、ほかの皆は、エスクを除き、別の方法を取りたがったからだ

女神の加護があるとはいえ、超高空からの地上に落下するなど恐怖以外のなにものでもない

 ファリアたちは、マユリにサーファジュール周辺の地上に転送してもらい、四方から攻め込むことで神人たちの注目を集めればいいのではないか、と提案してきたのだが、セツナは上空からの強襲に拘った

あなたも好きかも:オンラインカジノ 入金
そのほうが遙かに速いし、一般兵が集まるより先に神人、神獣を減らすことができると踏んだのだ

地上から攻め寄せれば、一般の将兵の動員も促し、神人神獣人間が入り乱れるようなことになれば、厄介極まりない

神人神獣の頭数だけでも減らしたいというのが、セツナが降下作戦に拘った最大の理由だ