hey! say! jump ルーレット

hey! say! jump ルーレット

 オレにとっての期待の星、ニュートドラゴンはいない

 もっと近寄れば小型の魔物も見えるだろう

 グリフォンやヒッポグリフ、それらに騎乗する魔人もいて欲しいものだ

あなたも好きかも:スロット ヱヴァンゲリヲン・魂を繋ぐもの
「ビートルドラゴンとスタッグドラゴンがいる

そこそこの数だな」『こっちでも確認しました

あなたも好きかも:まりも スロット 結婚
凄い数ですよ!』『ではキースさん、この後はどうします?』「移動方向と速度の確認、だな」『その後は?』 あのね、イリーナさんや

 それをオレに聞くなよ

 襲うに決まっているだろう? 分かっていて聞いてませんか?「急降下で襲ってみる」『やっぱり』『ここまで来たんだし、付き合うよ!』 アデルは乗り気だ

 相変わらずだがノリが軽いな! 何かに感化されているのかもだが、今はそれでいい

『【英霊召喚】は使いますか?』「出てくる戦力次第、だな

スタッグドラゴンまでなら不要だろう」 沈黙

あなたも好きかも:ルパン 三世 スロット 評価
 あれ? オレって何か、変な事を言ってたかな?『えっと』『キースさん、ちょっと感覚がおかしいですよー!』「まあ、アレだ

使う事になって欲しい、とは思うぞ?」『経験値的に、ですよね?』 あのね、イリーナさんや

 それ、正解!「島から強敵が現れるようなら私が【英霊召喚】を使う

太公釣魚の呪文だ」『太公釣魚、ですね?』「天馬疾駆も使える筈だな」『はい

順番を決めておきます』 イリーナが他の面々と手順を確認をするのを聞きながら、島周辺の動向を確認する

 変化は今の所、無い