バカラ タモリ

バカラ タモリ

あなたも好きかも:パチスロ 新基準 撤去
この屋敷に来たばかりの頃、殆どロブロウを不在にして外交を行っていた先代領主の両親の代わりに、家を取り仕切っていた家令の立場の人に、ピーンの指示もあってロックは仕事を叩き込まれた

彼が引退した後にピーンが領主を代替わり時にロックが"執事"として、就任した頃に丁度国が傾き始め、両親とは反対に領地に留まる事が国から公布されて義務付けれていた

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ アプリ 化
常に領主がいるにも関わらず、"全権"を任すという指示と、ピーンが取り決めた規則を記された帳面を渡されてあるので、傍目から見たなら執事が考えて、家を取り仕切るように見えていたのだろう

主従の関係なく、領民の前でイタズラする領主を執事が叱る所を、見せてしまっているところもあった

でもそれは「ピーン・ビネガーが敬い慕われる領主である為に、ふざけた時は遠慮なく叱ってくれ」と頼まれていたに他ならない

その為なのか不思議と"領主の影"と言われることがあっても、執事が主に病的に"依存"をしているのだとは、誰も―――ピーン以外、気がついてはくれない

あなたも好きかも:パチンコ リノさん
領主邸に、希に勤勉実直な執事に意見を求めてやって来た農夫や領内の有識者にも、丁寧に接するが決して、自分の言葉を語ることはしない

例え答える時があったとしても"旦那様が仰るには―――"という前振りをして、相手に呆れや嫌悪を抱かせたとしても、主の口にしていた言葉しか口には出さない

そんな流れの日々が数年過ぎ、カリンは"孫を喪った悲劇"から領主夫人の役目をこなす事が出来なくなった

ピーンもそれに合わせて、名前だけ領主として残し、第一線から退いた後

執事は、主に呼ばれて言われた

"今から、少しずつでも共に《ロック》が好きな事を見つけておこう

それが、ピーン・ビネガーの《希望》だ"自分の病的な"依存"を知っていながら、そんな事を言われたのに先ずはロックは戸惑った