ブラックジャック bs12

ブラックジャック bs12

しかし、流優と優流は彼を見るなり怪訝な顔でサッと優樹の後ろに隠れてしまった

 スカートの後ろから訝しげに顔を覗かせ見上げる二人に構うことなく、男性は愛想の良い笑顔で傍に立ち止まると優樹を見下ろした

「今日は後でお部屋の方に行くから

待っててね」 「部屋に行く」なんて、何も知らない人が聞いたら「親密な関係だ」と疑われる言葉だ

あなたも好きかも:綾瀬市 パチンコ屋
なのに、優樹は素直に「はい」と笑顔で頷いた

知れたやり取りに華音は「ん?」と顔をしかめて二人を交互に窺うが、男性はそのまま「じゃあまた後で」とその場から離れてしまった――

「華音ちゃんも学業で大変でしょう? なのに、優樹のことを心配してくれて」 気遣う真里乃に話し掛けられた華音は、モヤモヤとした疑問を抱きながらも今はそれを抑え、遠離る男性の背中から真里乃に向き直してにっこりと笑った

あなたも好きかも:コードギアス 反撃のルルーシュ パチンコ 評価
「だいじょぶ

せーみちゃんの分もかのんが優樹の面倒見てあげなきゃだしぃ」 胸を張って応えるが、「面倒とは?」と、優樹は不可解げに顔をしかめて首を傾げている

 周囲の心配など気付いていないのか、情けない妹に真里乃は呆れたため気を吐いた

「あんまりみんなに迷惑を掛けちゃ駄目よ?」「……わかってるもん」 いつもながら母親以上に手厳しい

 拗ねて目を細め、反発心を露わにするが、真里乃は構うことなく愛美を抱え直すと優樹の後ろから顔を覗かせている流優と優流に笑い掛けた

「またね、流優、優流

あなたも好きかも:パチンコ 傾斜
今度、マナちゃんと遊んであげてね」 言葉の意味がわかったのか、二人はパッと笑顔を見せる