バイオ ハザード 6 評価 スロット

バイオ ハザード 6 評価 スロット

華奢な指先に魔物の指輪があるのは残念だったが、こうして触れるのは初めてだ

その瞬間、ゆらりとした影が落ち、ぞっとして顔をそちらに向ける

「……………ネア」シルハーン、万象と呼ばれる魔物が呆然とした表情で立っていた

けれどその表情を見て、あまりの意外さに内心首を傾げる

(激怒…………ではなく、悲しいのだろうか)シルハーンはこちらを見ることもなく、ただ打ちひしがれたようにネアを見ていた

「ディノ、これはお友達になった握手です

あなたも好きかも:オンラインカジノ 大丈夫
決して浮気ではないので、荒ぶらないようにしましょうね」「浮気…………」「私の大事な魔物は、友達作りすら許さない狭量な魔物ではありませんよね?」驚くべきことに万象は、その質問に悲しげに視線を伏せた

あなたも好きかも:パチンコ 常連 出さない
とても嫌だが従わざるを得ないというような煩悶が見て取れ、ジーンは愕然とする

シルハーンはその名の通り万象である

そんな魔物がなぜか、伴侶候補とは言え、脆弱な人間に不本意そうに従っているのだ

あなたも好きかも:島田 パチンコ動画
「なぜだろう、ネアが最近酷いことばかりする」「お友達を作っただけですし、巣をお洗濯に出しただけですし、プールで水をかけられたので頭に来て手を離しただけです

それが酷いことだとなると、あまりにも価値観が違うのでしょうか

ぽいっとして、…」「ご主人様?!」ネアはシルハーンを捨てるつもりはないようだが、不穏な言葉に慌てたのか、最高位の魔物は自分の歌乞いに取り縋るようにして背中に抱き着くと、必死に頭を押し当てている

まるで親に見捨てられそうになった子供のようで、見ていて頭を撫でてやりたくなった

(……………いや、これは万象なのだった)まるで、犬の子を見ているようだ

「いいですか、ジーンさんはお友達になりました

以前のように、勝手に壊したりしたらご主人様は激怒します