ブックス&テンプルズ

ブックス&テンプルズ

 机の上に乗っていた鍋を投げつけひるませる

男は伐剣を滅茶苦茶に振り回すが、最短距離で突進したイスラは胸に明星《ルシフェル》の切っ先を突き刺し、壁に縫い付けた

あなたも好きかも:パチンコ 最高スペック
なおも悪あがきをしようとするが、頭突きを喰らわせてひるませ、明星を真横に向けて引き斬る

肉と骨の断たれる音とともに、千切れた動脈が血を噴き出してイスラの顔を汚した

 緊張も恐怖も感じていなかった

それでも、イスラの肩は大きく上下していた

「……おい」床に倒された娘に向かって声を掛ける

相手は後ずさり、近くにあった伐剣を拾ってイスラに向け突き付けた

あなたも好きかも:高確 スロット 意味
 切っ先がぶるぶると震えている

これまで武器など持ったこともなかったのだろう

あなたも好きかも:東広島市 パチンコ 優良店
それでも、血まみれの闇渡りよりは恐ろしくないのかもしれない

「心配するな

敵じゃない」 我ながら虚しいな、とイスラは思った

「あんたに狼藉を働くつもりもない

いい加減にそれを下ろせ」「嘘だッ!!」 娘が叫ぶ

イスラは嘆息しつつ明星の血糊を拭い、鞘の中に納めた

「まあ、それが普通だよな……あいつがおかしいんだよ、あいつが……」 イスラは上着を脱いだ

娘が肩を震わせるが、そんな彼女に向けてイスラは上着を放り投げた

ちょっと汚れてるけど、今のザマよりはずっとましだ」 相手が服を着たかどうかは確認せず、イスラは家の外に出て明星を掲げた