まどマギ スロット 天国モードとは

まどマギ スロット 天国モードとは

次は、後編です

話ができる落ち着いた場所を、ということでディートリンデはマルティナに近くの会議室を開けてもらうことにする

側近達を含めると十五人くらいの団体で移動し、ディートリンデはレオンツィオに椅子を勧める

「レオンツィオ様、ランツェナーヴェが滅ぶというのは、どういうことでしょう?」 ディートリンデが促すと、レオンツィオは少し考え込むようにして「ディートリンデ様はランツェナーヴェの起こりをどの程度ご存知でしょうか?」と質問してきた

あなたも好きかも:2月1日 パチンコ
「アーレンスバッハの貿易相手として主要な輸入品については教えられましたけれど、歴史については貴族院の講義でも習いませんでしたわ」 これまでディートリンデはランツェナーヴェの歴史に全く興味がなかったし、知ろうと思ったこともない

貴族院の講義でも特に習わなかったはずだ

「ユルゲンシュミットでは知られていないのですか……」 それから、レオンツィオはランツェナーヴェの歴史を語り始めた

もう四百年近く昔、オイサヴァール王の時代のことらしい

歴史で習った王の名前が出てきたけれど、ディートリンデはよく覚えていない

わかったような顔で聞き流す

「オイサヴァール王が年老いて、次代のツェントを選ばなければならなくなった時、グルトリスハイトを手に入れていた次期ツェント候補が三人いました」「まぁ、三人もグルトリスハイトを手に入れて……?」 ディートリンデは目を瞬いた

あなたも好きかも:大網 パチンコ
グルトリスハイトはツェントを決めるための魔術具のようなものだと考えていた