倖田來未 スロット

倖田來未 スロット

 お母しゃんと一緒に盗賊の人たちを捕まえたりしてる」「そっか

それは良かったな

 ナーニャなら何でも出来るよ

あなたも好きかも:まどマギ パチスロ 設定差
頑張れ」「うふふー私もこれで大人の仲間入り?」「そうだなぁ

もうちょっと頑張ろう? 俺もまだまだだよ

あなたも好きかも:パチスロ kpe
人間やゴブリン それにオークの先輩たちに鍛えられてる」「うわー大人の発言だねーけんきょー

 あれ?けんきょで良かったっけ?」「合ってるよ」娘と会話をしている間も、アッグスは警戒を切らしていない

あなたも好きかも:ボートレース 競艇 違い
近衛兵の職業病だなと思いながら「やっぱりミサキ女王を守ってるの?」と軽く振り返って尋ねてみると「はいっ!女王陛下を近衛兵の仲間と共に 誠心誠意守らせて頂いてます!」力強い返事が返ってきた

ミサキも安泰だな

と思いながら音楽スタジオの自動扉を皆でくぐると機材室のソファに座って、セイたちが丁度休憩をしていた

「あ、アッグス!久しぶり!」ハルが真っ先にアッグスに駆け寄って声をかける

そこからナーニャやノア、アシンも入れて五人で話し込み始めたのでソファに座りながら、のんびりと酒を飲んでいるセイに「来たぞ

曲が出来たんだって」セイは余裕の表情で「チャートの一位は貰ったぞ

 シングルで出せば、ハーフミリオンくらいは 行くかもしれない曲だな

セイ様の栄光はもはや すぐそこに迫っている」「ノアにも聞いたが、そんなにいいのか?」「ああ、ハルのボーカリストとしての才能が 開花した

セイ様、ハルにならボーカルを譲ってやってもいいな」「おお……」セイにそこまで言わすとは、ハルにはかなりの隠れた才能があったようだ

「で、タカユキはナーニャに別れを告げる 決心はできたんだろ?」「……お前は何を言ってるんだ……」「クビを告げるために連れてきたんだろ? セイ様、タカユキの考えなら、もはや手に取るように 分かるからな