sdカード スロット

sdカード スロット

あなたも好きかも:パチンコ ダンバイン 演出信頼度
寿命的な問題で」 風音の言葉にルイーズが「うーん」と唸る

「んー、見た感じ、子供の頃から風音の成長は止まってるみたいだし、もしかしたら成長が止まって固定されてるかも」「いや、成長するからね

あなたも好きかも:仕事人 スロット
ルイーズさんみたいにバイーンバイーンになるからね」「それは無理よ」 死刑宣告であった

ぐあーという顔を風音がするが、ルイーズは無視する

「というか、ジンライくんの例もある通り、若返りの薬も存在してない訳じゃないからねえ

カザネならそういうのを手に入れることも可能だろうし、単純に寿命を伸ばす方法もあるわよ

まあそういうスキルだってあるかもしれないしね」「あー、スキルでどうにかするって手もあるのかー」「そもそも竜体化のスキルの影響ですでにある程度伸びてるかもしれないわよ」 なるほどと風音が頷いた

確かに現在あるスキルの影響で、寿命などといったものも変動している可能性はある

それが実感として分かるのはずいぶんと後になりそうだが

「ちょっと、おふたりさん

あなたも好きかも:ぱちんこ 加速装置
さっさと片付けないと夜になっちまうぜ」 そんな会話を楽しんでいるふたりに野暮な声がかかる

それはライルの声であったが、言ってる内容は至極もっともでもあった

 今は風音たちは小型竜船を見つけてから二日目の昼過ぎである

 最初の区画では大量のアダマンスカルアシュラ素材とマッスルクレイを手に入れた風音達であったが、肝心の動力球はすべて抜き取られており、目的は達成出来なかった

 また最初の竜船で見つけた動力球(小)は元々風音達が発見した確認した小型竜船のものだったようである

小型竜船に動力球(小)をはめ込んだ時にたまたま擦り跡が一致したのが確認出来たのだ