リゼロ スロット エンディング

リゼロ スロット エンディング

だがそれは現段階でという意味合いでしかない

今後何らかの変化がないとは限らないのだ

『康太が悪意や敵意の類を感じていないのであれば・・・まぁ安心できるか・・・』「えぇ、あいつはそういうのに敏感ですから

でも見つけられないっていうのはちょっと不思議で・・・索敵にも引っかからないのはちょっと」『ふむ・・・お前たちに任せた手前、私としては何かをしてやるということは難しいが、専門家の意見・・・あるいは協力を打診することも必要かもしれんな』「それは・・・アリスに頼めと?」『正直それは避けたい

あいつは確かに優秀かもしれんが、それは桁の外れた、所謂『私たち』という枠の外にいる存在だ

あなたも好きかも:6号機 純増
お前たちがしっかりと考え、打開策を見出す・・・それが理想だな』「つまり、意見を聞くにとどめ、あとは自分たちで解決しろと」まぁそういうことだと奏はため息をついている

あなたも好きかも:麻雀ファイト倶楽部 パチンコ
自分から依頼をしておきながらこんなことを言うのが勝手なことだというのは理解しているのだろう

どのような形でも解決すればいいというのが依頼主の考えではあるが、康太と文という二人の魔術師を知っている一人の大人としては、二人に成長する機会を逃してほしくはないのだ

幽霊などとかかわるのはかなり数が限られる

アリスにすべてを任せるのではなく、どのようにすればいいのかを思考し、実行してほしいと考えているのだ

『時間は最大で一カ月用意した

その間に解決策を見出してくれればいい

まだ初日だ、少しずつ調べていけ』「わかりました・・・少々危険な橋を渡るかもしれませんけども」『逮捕されるようなことはするなよ?あとその部屋そのものを破壊するというのもなしの方向で頼む』「そんなことしませんよ・・・っていうかそんな乱暴な方法で解決する人なんていないでしょう?」『・・・私の弟弟子がとても優秀なのは知っているだろう?あれは一日でこの類の事件を解決したことがあるぞ?』「・・・あー・・・そうですか・・・そうでしたね・・・」奏の言葉に文は頭の中で家を一つ完全に破壊しつくしている小百合の姿を想像する

家の残骸の上に立つ小百合の姿、何と似合うことだろう