スロット 新基準 いつから

スロット 新基準 いつから

いや、王宮が崩壊したときから混乱は始まっていたはずであり、セツナがそれに気づいたのは、九尾の狐が王都に降り立ち、意識をそちらに向けることにならざるを得なくなったからだ

「なんだ……いったい……なにが……」 声に目を向けると、壊れた玉座の近くに倒れていたイセルドが起き上がろうとしているところだった

あなたも好きかも:パチンコ 亜人 曲
玉座に座っていた彼は、九尾の狐の出現とともに玉座もろとも吹き飛ばされたのだろう

玉座はもはや玉座とはいえない残骸と成り果てているものの、イセルド自身の外傷は少ない

気を失っていたのは、吹き飛ばされ、壁にでも激突した衝撃によるものだ

「これは……いったい……いったい、どういうことだ!?」 更地同然と成り果てた王宮の状況を理解したのだろう――イセルドは、絶望的なまでの悲鳴を上げた

あなたも好きかも:パチンコ 変動時間 規定
悲鳴を上げ、頭を抱えて凍りついた

彼にはきっとなにが起こったのか理解できないだろうし、理解できないまま事態は推移するはずだ

理解させる必要もない

 セツナは、イセルドを黙殺すると、ラグナを肩に乗せた

あなたも好きかも:龍が如く見参 パチンコ ライトミドル
セツナは兜を被っている

頭の上の定位置には乗せることができない

兜の上でも一向にかまわないのだが、ラグナが気に入らないらしい

どうやら安定しないようだ

ラグナは、肩に飛び乗ると、首を伸ばしてセツナの顔を覗き込んできた

「どうするつもりじゃ?」「シーラを止める」「止める? どうやって止めるというのです?」 シドの問いかけの意味がわからず、セツナは彼を一瞥した

雷光の騎士は、いつになく冷ややかな目でこちらを見ていた

「なに……?」「あの破壊を撒き散らす化物を止めるというのでしょう? 当然、殺すんですよね?」「殺す……?」「ほかに方法があるわけでもございますまい」 恭しい言い方は、慇懃無礼といったほうが正しいように思えたが

 セツナはなにも言い返さなかった