ダブルルレット

ダブルルレット

「——おねえ————ちゃん——」「——ミ————っ」 もう寂しくないと、僕は帰ってきたんだと

そう言って抱き締めたい、震える小さな身体を暖めてやりたい

なのに……っ

もう、コイツの中に僕はいない

あなたも好きかも:ブラックジャック 期待値 勝率
求める家族の中に、僕の姿は無い

あなたも好きかも:ドラクエ11 スロット 当たり台 ps4
あの旅の中で失った三人の家族

ダリアさん、神官さん、地母神様

コイツにとっての家族は、ハークスのその三人だけ

決して……決して僕じゃない

ただそれだけが苦しくて……辛くて……「——んん——ふわ……ん…………んん……? マーリン様————ッッッ⁉︎ ぴゃぁああっ⁉︎」「っ⁈ お、おはよう、ミラちゃん……?」 寝ぼけ眼をぱちぱちさせながら、ミラはゆっくりと状況を把握した

把握して……顔を真っ赤にして飛び退いてしまった

ああ……そう、今の僕達は……こうなんだ

ごめんなさいとかどうしてとか、色々とパニックになってるミラの姿にそんな諦念も湧いてくる

けれど……「……うん、おはよう

よく眠れた?」「あぅう……お、おはようございます

おかげさまで……」 けれど、決して寂しいとは思わなかった

このミラも間違いなくミラなんだ

どうして寂しいなんて思えるだろうか