ps dq7 スロット

ps dq7 スロット

「金属皿を使った料理といえば、海外……日本から見た国外料理のイメージがあるなぁ

インド人やネパール人が経営しているカレー屋とか、韓国料理屋とかで使われていたのを覚えている」『ニホン国区は金属食器使わないの?』『器は陶磁器か木製の文化圏だね

スプーンやフォークは普通に金属使う』『ヨシちゃんのお料理配信では、調理器具は普通に金属使っていたよね』『そりゃあそうだろう』『でも、最新の調理器具はエナジーマテリアル製だよ

形状が自由自在』「エナジーマテリアル……?」『エナジーバリアとかのあれ』『ヒスイさんが持っているエナジーブレードとかに使われているやつ』『ソウルエネルギーを加工して物質化した素材』『身近な例だと、俺らでも使える刃物のエナジーハサミとか』『確か、焼肉回でエナジーエプロンを着ていたな』「ええ、そんなの調理器具にすんの……?」 要するに、宇宙戦艦とかが張るバリアを調理器具にするんだろ? ちょっと思考が追いつかない……

あなたも好きかも:パチンコ ベイズ三重店
『消滅させれば汚れがその場に落ちるから、わざわざナノマシン洗浄機のナノマシン代を払わなくて済む』『せこいな!』『生活の知恵と言え!』『ナノマシン洗浄代って地味に高いからな』 この時代、光熱費はほとんど無料

でも、ナノマシン洗浄機に関しては使ったらその分だけ料金請求がある

あなたも好きかも:宮城 禁煙 パチンコ
 まあ、ナノマシンって工業製品だから、使えば使うだけ素材の料金がかかるのも納得だ

あなたも好きかも:パチスロ エヴァ 希望
「ちなみに、21世紀の日本の光熱費は、電気代、水道代、ガス代、あと地域によって灯油代を払う必要があったな」『電気代……?』『電気って、クレジット払って使うものなの?』『ヨシちゃんのいた時代は核融合発電すら実現していなかったから』『水に料金かぁ』『今でも惑星テラの天然水とか買おうと思ったら、相当なクレジットが必要だぞ』「今の時代の光熱費といえば、超能力代だな

ちょっと気になってこの前調べてみたんだけど、時間操作で高速調理するタイプの自動調理器とか、時間停止機能のある食料保存庫とかに払うみたいだ」『さっきのパイロキネシス使うレンジもそうだね』『いわゆる超能力家電』『無料ってわけにはいかないよなぁ』『そりゃあソウルエネルギーを供給するアルバイトがあるんだから、使う側がクレジット払わずどうするよ』『みんな無制限に使ったらエネルギー資源が枯渇してしまう』『無からソウルエネルギー作り出せるようになれば無料になるかもね』 ソウルエネルギーなぁ……

エナジーバリアとかもソウルエネルギーから作られているなら、想像以上に今の文明の超能力依存度は高いっぽいぞ

てっきり、発電したエネルギーをなんかSF的な技術で半物質化しているのかと思っていたんだが、全然違った

 もしAIが人類に反逆をしたらというか、AIが人類の管理を放棄して全滅させたとしたら、AIは自力でバリアすら張れなくなってしまうのか

 何気に共存共栄しているんだな

「うーん……家畜からソウルエネルギーって取り出せないのか? かつては荷車を動かす動力として馬とか牛とかを使っていたんだから、動物からソウルエネルギーを絞ってもいいと思うんだけど」『ナイスアイデア、とでも言うと思った? 残念! 無理でした!』『動物は、そんなにソウルエネルギー持ってないんよ』『超能力を行使できるのは、現状人類のみ』『超能力学の基礎の基礎ですね』「知らなかった……イルカとか賢そうだけど超能力使えないのか」『なぜイルカ』『素で賢いからじゃない?』『賢さでいうと、猫だって脳をチップに置き換えたら人語を解するぞ』『超能力と賢さに因果関係はない』『人外レベルの超能力適性があるヨシちゃんとか、全然賢くないからね!』「一応、俺だって東京の農大出た程度の学歴あるんですけど!?」『がーくーれーきー?』『そんなんこの時代では通用しませんわ』『脳に直接知識ぶち込める時代ですよ、おばあちゃん』『でも学園ものギャルゲーはいいものだ』『あれって大学じゃなくて高校がベースでしょ?』「学校が不要になったのに、遊びの中に残り続けているってなんか不思議な感覚だな……」『ギャルゲーは勉強パートないけど、MMOの魔法大学とかは普通に授業あるからなぁ』『そのゲームでしか役に立たない魔法理論!』『サービス終了したら無意味になる儚(はかな)さよ』『やっぱMMOやるなら百年保証ですわ』 って、結局ゲームの話になってしまったな

 まあ、こういう脱線も悪くないか

 そうして俺は一人で視聴者達と会話を続け、この日は三時間ぶっ通しで配信を続けたのであった

 ヒスイさん不在のただの雑談でも、意外と間が持つものである

たまにはこういう日も悪くない

11月10日、地方によっては冬に入ったと言ってもよくなってきた、この時期