スロット 蒼穹のファフナー

スロット 蒼穹のファフナー

 あの日から、ずっと止めていた思考が揺るがされる

 どんな状況でも決して諦めず、自分のできることを為し続けようとする先輩の姿は、初めて陽滝が「信じてもいい」と思える存在だった

ありがとうございます、先輩……」「ええ! お礼を言うならば、これを機に私をお姉様と呼んでも構いませんわよ!」「ふふっ、それは遠慮しますね

気持ち悪いですから」「き、気持ち悪い……!? ま、まあ、いいですわ

あなたも好きかも:パチンコ ヘルシング 評価
まだまだチャンスはありますわ」 まるで姉妹のように、二人は手を繋いで帰り道を進んだ

 このときは、湖凪が陽滝の支えとなり、手を引き、正しい道を示してくれた

 もし湖凪が現れなければ、兄は中学校時代に妹は小学校時代に、心を完全に壊していただろう

それほどまでに、二人にとって彼女は希望であり、光で――運命を感じるほどに、『幼馴染』は兄妹にとって、『理想』だった

 ――言い換えれば彼女は、兄妹にとって余りに、都合の良すぎる人物(・・・・・・・・・)だった(・・・)

 都合のいい『幼馴染』の登場で、相川兄妹の人生は少しずつ明るくなっていった

あなたも好きかも:八戸市 パチンコ ネバーランド
 それは例えば、幼年期の終わり

あなたも好きかも:南越谷 パチンコ 楽園
 誰もいない夕暮れの教室で、渦波は湖凪と話し、本当に欲しかったものを手にする

「――うん

これからはずっと一緒に

……一緒にいて欲しい」「はい