ブラックジャック すごい手術

ブラックジャック すごい手術

『グランドール、貴方にも聞えました―――グラン?!』メイプルに背を向ける形で茨の鞭を捜し始めていた、褐色の大男背後に―――恐らくは親友の遺骸から黒い靄が出ていた

先程はグランドールに庇われて良くは見えなかったけれども、それと同じ物なのだと判る

あなたも好きかも:sanyo スロット アプリ
『グラン、メイプルから離れて』褐色の大男はアルセンが叫ぶ様に言った言葉に従って、離れ、今は動けないネェツアークの方へと走る

アルセンも黒い靄を避けるようにして、そちらに回る

『さっきので"終わり"というわけには、いかんかったか』グランドールがそう言いながら、気を失い拘束しているネェツアークを右肩に担ぎあげていた

『先程は、どうやってこの事態を切り抜けたんですか、グランドール?

あなたも好きかも:スロット 台作り方
何かしら、特殊な力(ちから)が働いているようにも感じました、教えてください』踝(くるぶし)まで縛られているネェツアークの脚が、完璧に抱えあげれ浮いているのを見届ける

黒い靄から先輩でもある親友2人を庇う為に、細剣を抜こうと構えながら、アルセンは前に立つ

魔力は先程出しきりはしたが、再び体内で"貯まり"始めているんが感じられる

元々、魔力の"量"が凄まじいこともあっての、調整する為の手袋でもあった

だから、ネェツアークの気を失わせる為に、魔力を圧縮させて最大限に使ったが、小一時間もすれば"並"の魔法や魔術なら使えるつもりだった

けれど今は、普段の様に使いこなすまでには、正直時間が足りていない

(でも、グランドールが、自分の力ではないにしても、あの黒い靄を退けてはいる

あなたも好きかも:パチンコ リング 呪いの7日間2 評価
その経緯を教えてもらえれば、私でもあの黒い靄を攻略出きるかもしれない)"何とかなるかもしれない"、そう考えて、諦めない

『実を言えばさっきは、何かに助けられたんじゃ

それで助けてもらって何なんだかのう、正体がさっぱりわからん』アルセンが懸命に立ち向かおうと、奮起しているその後ろから、親友が、低く良い声ながらも情けない感情を込めてそうはっきりと言い切った

『な?!どうして、その事をどうして直ぐに話してくれなかったんですか?!』思わず振り返ると、思ったより近い距離にある、グランドールが抱えたネェツアークの顔に驚いた

『わあああ?!』更に庇う為に2人の先輩の前に立ちはだかっていた美少年は、後ろから見事に脚払いをかけられて、その衝撃に握ろうとしていた細剣の柄から手が離れた

次の瞬間には身体が浮いたかと思ったら、自分の腰に逞しい左腕が回されて、落ちるという感覚を刹那に味わい、身体はグランドールの左脇に抱えられてしまっている