スロット まどマギ2 中段チェリー 恩恵

スロット まどマギ2 中段チェリー 恩恵

《獅子の尾》という居場所は、いまやかけがえの無いものです

俺にとってなくてはならないものになりました」 王立親衛隊《獅子の尾》は、レオンガンドがセツナのために設立してくれたといっても過言ではない組織だった

王立親衛隊は、王の盾たる《獅子の牙》と王の剣たる《獅子の爪》だけでも十分だったのだが、レオンガンドたっての希望で、《獅子の尾》が造られた

あなたも好きかも:バンドル コンビニチャージ
セツナの身の置き場所として、だ

あなたも好きかも:爆サイ 東広島 スロット
そういう話を聞いているから、セツナはレオンガンドを敬愛してやまない

「居場所など……君が実力で勝ち取ったものではないか」「しかし、陛下が用意してくださったのは事実でしょう?」「……君をガンディアに留め置くためだ」「それが嬉しいんです」「なにが――」 レオンガンドがこちらを振り返った

訝しげな表情は、セツナの心情がまったく理解できない故のものだろう

「なにが嬉しいというんだ

わたしは君を、君と黒き矛を他国に渡したくないから、そうしただけのことだぞ

君のことなど、君の心情など顧みてもいない

ただ、ガンディアの利益のことだけを考えて、君をガンディアのものにしようとしただけだ

それだけのことだ

それ以上でも、それ以下でもない」「俺は、だれかに必要とされたかった」 セツナは、自分の胸に手を置いて、いった

「ただ、それだけなんです」 自分の存在を必要としてくれるひとのいない世界にいた