高島平 スロット

高島平 スロット

 過去に経験したことがない強烈な風がアーダマシスを襲った

「コンサティア殿、アクアリス殿ぉ、風を止めてくれ!」 船が軋み、船体を囲む紋章がいくつか吹き飛ばされる中、ドトーケオの大声が響く

「私には無理です! 嵐を操る魔法が働かない!」 アクアリスが悲鳴にも似た答えを返す

「ヌムムさん! 力を貸して!」 側に立つコンサティアは両手で杖をグッと掴み、側のシルフに声をあげていた

あなたも好きかも:両親 パチンコ
 彼女の周りを舞う2枚の魔法陣が輝いているが、風は収まらない

そして、シルフは彼女の言葉を無視していた

「ヌムムさん!」「ごめんなさい、コンサティア、この風は止めてはならないのです」 再び声をあげたコンサティアに、シルフが虚空を眺めつつ答える

あなたも好きかも:パチスロ 無料 アプリ
 風は益々強くなり、数体の船が風に流されぶつかる様子が見えた

 シルフの拒否に、コンサティアが狼狽していることが見て取れた

「帆をたため!」『ボスッ』 遠くからドトーケオの声が聞こえたと同時、強風によって大きく膨らんだ帆の一つが音を立ててへこんだ

『ガッ……ゴン、ガァン』 帆に張ったロープや帆柱にあたりながら何かが落ちてくる

『ゴン……』 それは人だった

何者かが帆に当たり、転がり、帆柱などにぶつかりながら落ちてきていた