スロット 導入台数 ランキング 5号機

スロット 導入台数 ランキング 5号機

「わかったわかった

だから、おとなしくしてろ」「嫌だもぉーん」 ツンと顎を上げて生意気な返事をする優樹に、華音は複雑そうな笑顔でみんなを見回した

「かのんってぇ……、あんな感じ?」 みんなは「うん」と強く頷く

あなたも好きかも:三河安城 パチンコ
 洋一は、外に出すまいとドアの前に立ってそこを塞ぎ、反町はそっぽ向いている優樹に目を据わらせて腰に手を置いた

「とにかくおとなしくしてるんだ」「やだもぉーん」 ふーん、と無愛想にそっぽ向く優樹に、反町は更にじっとりと目を据わらせる

加奈は苦笑して近寄ると、優樹を覗き込んだ

「良い子だからおとなしくしてようね?」 笑顔で相槌を問うと、打って変わって、優樹は嬉しそうな笑顔で頷いた

「かのんっ、加奈ちゃんとおとなしくしてるぅーっ」 素直な優樹に、反町はがっくりとうなだれ、華音本人は引き攣った笑みでみんなを見回した

「か、かのん……、あんなんじゃないよねぇ?」 見回して相槌を問うが、誰も同意してくれない

あなたも好きかも:スロット 計数開始
 加奈は少しキョトンとすると、「……ねえねえ」と、傍の反町の袖を軽く引っ張って優樹から少し遠ざかった

「もしかして優樹ちゃん……、私のこと、すっごく信頼してる?」 小声で聞かれて、反町は少し眉を寄せた

「まあ……そりゃ、疑ったりとかっていうのはないだろうけど」「流のことも信頼してるよね? ……じゃあ、私たちが裏切ったらショックなんじゃない? 華音ちゃんだったら特に何も思わないだろうけど、優樹ちゃんだったら、間違いなくショック受けるよね?」「……それはそうかもしれないけど」「試してみる?」「……、よし」 二人は頷くと、首を傾げている優樹の傍に戻った

 みんなが「?」と見守る中、反町と加奈は目を見合わせ、間を置いて、まずは加奈が笑顔で切り出す

あなたも好きかも:大学生 スロット 借金
「聞いて欲しいことがあるの」「ん? なぁにぃ?」 優樹が首を傾げると、加奈はにっこりと笑って反町の腕を抱いた

「私、流と付き合ってるの