ブラックジャック メンソール

ブラックジャック メンソール

「まったく、どこのおぼっちゃんだか知らないけど、外を歩く時は気を付けた方が良いよ」「本当にごめんなさい

ほら、ギルも謝って」「あ? あ、ご、ごめんなさい」 促されたギルはどうしていいかわからないという表情のまま、カクカクとした動きで謝った

「ギル、そのブラーレ、おいしい?」「あ、あぁ……」 食べかけのブラーレを見て、ギルが困ったように視線を彷徨わせる

「その分はお金払ったから食べていいよ」と言った後、わたしはトートバッグから布を二つ取り出して、風呂敷で袋を作る要領で端を結んで布バッグを二つ作った

「おばさん、ブラーレをこの入れ物に5個ずつ入れて」「はいよ」 お詫び代わりにおばさんの店で、孤児院用のお土産を買いこんで、中央広場まで戻る

荷物は罰としてギルに運んでもらった

あなたも好きかも:パチンコ 監査法人
両手が塞がっていたら、思わぬ行動に出ることもないだろう

あなたも好きかも:いずみ中央 パチンコ 求人
「今度、お給料渡した時にお金の使い方も教えるから、それまでは店の商品に触っちゃダメだからね」「……わかった」 神殿に向かって大通りを北上していると、ルッツがフランに抱き上げられたままのわたしを見上げた

あなたも好きかも:戦国basara パチンコ ビスティ
「なぁ、マイン

神殿に戻る前に、旦那様に報告してきていいか?」「うん

ベンノさんには茶器や調理用品を揃えてもらうつもりだし、報告した方が良いと思う」 昼休みが終わったばかりらしく、慌ただしく準備している店へルッツが駆けていく

わたしはフランに下ろしてもらい、わたしのスピードでゆっくりと店に向かった

両手に荷物を持ったギルはわたしの後ろをついてきた

「マイン、旦那様がお待ちです」「マルクさん、こんにちは」 店の外へと出てきて迎えてくれたマルクに挨拶して、わたしは二人を連れて奥の部屋へと向かった

ベンノの執務机の前にルッツが立ち、報告しているのが見える