メモリ スロット マザーボード

メモリ スロット マザーボード

 勿論、いきなり突っ込むようなことは、今回は控えている

「ここに何かがある、ねえ? 私には何もないように見えるが・・・・・・」 フローリアの目には、昨日と変わらないただの森に生えている木々があるように見えているだけだ

 首を傾げているフローリアに、考助が苦笑をしながら説明を補足した

あなたも好きかも:カジノ 裏
「言っておくけれど、僕の目にも周りは普通の森に見えているからね

あなたも好きかも:basara3 スロット 曲
ただ、その辺りに不思議な力があるということが分かっているだけで」「そうですね

昨日はなかったのに今日はあるというのが、答えなのだと思います」 考助の言葉に同意するように、シルヴィアが頷きながら付け加えた

 その二人に向かって、フローリアが頷きながら聞いた

あなたも好きかも:敦賀 パチンコ
「そうか

それで? これからどうするんだ?」「いや、どうと言われても、結局このまま進むしかないんだけれどね」「なんだ

結局突っ込むのは変わらないんじゃないか」 少しだけ呆れたような視線を向けて来たフローリアに、考助が両手を上げながら弁明をした

「そう言われてもね

これがどういう仕掛けで起こっているのかわかっていないから解除もできないし、強引に解除しようとしても、たぶん森の外に弾かれて終わりだと思うよ?」 どういうものか分からないと言いつつも、この短時間でそれだけのことが分かっている考助は、流石というべきだろう

 普通は、フローリアのように、この場所に仕掛けがあることすら気付けないのだ

 同じように何かがあることが分かっているシルヴィアだが、考助のように詳しくわかっているわけではない