ルーレット 収支

ルーレット 収支

 生美は自分のジュースも買うと、ぼんやりとしている優樹に目を向けてため息を吐いた

「しっかりしなくちゃ駄目よ?」「……うん……」「聞いてる?」「……うん……」「じゃあ、なに言ったか言ってみて」「……うん……」「……」「……」「……、優樹?」「……うん……」 何も訊いていないのだろう

あなたも好きかも:ひぐらしのなく頃に スロット 祭2 天井
生返事だけを繰り返す彼女に生美は呆れて肩の力を抜き、他の生徒の邪魔にならないよう、壁際に優樹を引っ張った

それでようやく優樹はハッと意識を戻す

「え? せ、生美ちゃん? なに?」 戸惑いキョロキョロと辺りを見回す優樹を校舎の壁に寄せて立たせ、生美は腰に手を置いた

「しっかりしなさいってば

……悲しいのはわかるけど……もう明日には発っちゃうのよ?」 呆れを含めながらも真顔で目を見つめる生美に、優樹は表情を消して硬直した

あなたも好きかも:カジノ 渋谷
「明日は見送りだけになるだろうし……残された時間は今日だけなんだから

今日が終わったら、あとはもう来年の夏よ? ……わかってる?」 心配もあるのだろう、真剣さを消すことなく覗き込まれ、優樹は少しずつ悲しげに眉を寄せて「……うん……」と頷いた

「我慢しなくちゃいけないことばかりだけど……、向こうに行かなくちゃいけない流の方がもっと大変なんだから

あなたも好きかも:バスターズ パチンコ
あんたは、元気に、笑顔で見送って、あいつが安心して向こうで過ごせるようにって努力しなきゃ

そんな顔してたら、流だって心配しちゃうでしょ?」 ――彼女の言っていることは理解出来る

けれど、心が付いていかない

がんばろうとしても、がんばり方がわからなくなる

 責めるような、諭すような生美の言葉に「……うん」と頷きながらも、優樹は戸惑い目を泳がせた

「……でも……、……何も、見つからないの……」 今にも泣き出しそうな小声で呟かれ、生美は怪訝に眉を寄せた

「見つからない、って?」「……見つからない……」 繰り返して、涙を一杯浮かべた目をウロウロと泳がせる

「……何か、しなくちゃ……