パチンコ パンク 補償

パチンコ パンク 補償

「ミッドガルム軍が追いつく前に退路を塞ぎたい所だが、退路を塞げば酸素も失われることになるだろう」だからこそ今はまだ、むやみに通路の破壊は出来ない

「とにかく走るぞ!」2キロ先に酸素があると信じて

2キロ先に出口が存在すると信じて

あなたも好きかも:スロット トータルイクリプス 設定差
俺達は即席の通路を走り続けることにした

《サイド:長野淳弥》…ふう

…何とかここまで来れたな

息を潜めながら身を隠し、ミッドガルムの兵士達の監視をくぐり抜けることで、ついに4階へとたどり着くことができた

あなたも好きかも:パチンコ屋 マイナンバー
そして今

あなたも好きかも:ドラクエ8 スロット ゼシカ
俺の視線の先には謁見の間へ続く扉がある

「王城の内部に関しては昔から調べていたが、実際に内部に忍び込むとなると予想していたほど上手くは動けないもんだな

」想像と現実は違うってことだ

どれほど完璧な計画を立てても予想外のことは起こりえる

「ほとんどの軍隊を王都の南部に派遣しているにも関わらず、王城の内部も警備が厳重だったからな」監視の目をかい潜って行動するように心掛けていたことで、ここへたどり着くまでにかなりの時間を浪費してしまっていた

…もう日暮れか

窓の外に視線を向けてみれば、すでに空は赤い色を帯びようとしている

早朝の時間帯に王城へ潜入したにも関わらず、すでに午後4時を過ぎようとしているようだ

「陰陽師軍の監視の目を回避するのに時間をかけすぎたな」御堂達の失敗によって王都の内部で魔術師狩りが発生したために、陰陽師軍による王城の警備も強化されていたんだろう