k.g. スロット

k.g. スロット

それは未来の不確定性を前提にするのならば、当たり前のことなのだろうけれど、でも

 鷺花のするそれは、なんだか正解を得て当たり前のように感じてしまう

もちろんそんなことはありえない――おそらく、可能な限り正確に、可能性を導き出しているだけの話で、それは確定要素とは程遠いのだろうけれど、その上で確定するための要素を今することで想定を現実へ引き寄せる

 そんな理屈はわかるのだ

あなたも好きかも:中神 パチンコ
 だが、わかったからといって、できるものではない

あなたも好きかも:パチンコ 烈火の炎 甘 保留
「そういうお前はどーなんだよ」「あたし? 何のことを言ってんのか、さっぱりわかんねーし

あたしよりも、なんか刹那、浮かれてねえ?」「そりゃ浮かれもするぜ――ようやくだ、ようやくなんだぜ、約束が果たされる

今ならまだ間に合う、ベルはまだ死んでねえ

誤魔化しながらもまだ生きてる

オレが殺せる、これ以上の楽しみはねーだろ」「……そうかよ」「そのために、小夜は生きてきたものね

現実的な話、どうなのよ?」「試してみなくちゃわからねー、なんて腑抜けた返しはしねーよ

今の壊れかけのベルでさえ、今のオレじゃ届かねーだろ

状況がどうなるかはわかっちゃいねーが、紫陽花にも手を出させるさ

――その時までに、兎仔も腕を磨いとけ」「おい待て、あたしもかよ! そんなマジな目で見んな! 今から泣きそうだぞ!」「お前だって一応、フェイを継ぐんだろ……そんくれーしとけよ

なあ?」「まったくね」「……家帰って泣く」「勝手にしろ

けどまあ正直に言って、そんくれーしか手がねーんだよ……ほかに巻き込めるのはいねーし、オレとしてもそこらが限界だ」 それでも、約束なのだ

 小夜の側からではなく――ベルも、それを望んでいる

「だから、そのためにゃ面倒なことは、ほかの連中に任せたい

そういう意味じゃ、コゲラの連中が上手く立ち回ってくれるんなら、オレは歓迎だぜ?」「だったら少しは手を貸しなさいよ」「知るか