友達と遊べる オンラインゲーム

友達と遊べる オンラインゲーム

流がそう説得するはず》「……ま、その方がいいけどね」《おまえも休めって》「イヤよ

なんであんたたちだけに任せなくちゃいけないのよ」 オレンジジュースをコップに注ぎながら目を据わらせると、《そうじゃなくてさー》と洋一はため息を吐いた

《ちょっと……おまえ、もう一度華音の所に行ってみてくれないか?》「……言われなくても行くわよ、当然でしょ」 不快げに答えたが、洋一は《じゃなくて》と切り返す

《話しをさ、ちゃんと聞き出して欲しいんだ》「……あのねぇ」 生美はうんざりと目を据わらせてキッチン台に腰を乗せた

あなたも好きかも:統合型リゾート 日本
「簡単に聞き出せる話しじゃないってわかってンの?」《だから、本当にそうなのかどうか、それが知りたいんだよ》「……河田の話?」 ――昼休みに、洋一からこっそりと真琴と話したことを聞いた

 華音と糸原は何もないかもしれない、ということだが……

 生美は真顔でため息を吐き、冷たいコップを掴んだ

「あんた、ホントに何もないって信じてるの?」《いや

何もないとは思ってない

……何かあったから、あいつだって休んでるんだろうし、メールも返事ねぇわけだし》「それが答えじゃない」《だから、わかんねーんだよそれが》 電話の向こうでため息が漏れた

あなたも好きかも:スロット 演者 コロナ
《糸原は信用出来ねぇけど、河田の言うことも一理あると思うんだわ、オレ》 生美は「はあ?」と顔をしかめた

「何言ってンの?」《あまりにも一方的に決め付けすぎ、って言うかさ》「……あんたねぇ」 生美は呆れて肩の力を抜いた

「何、河田に言いくるめられてンのよ?」《そうじゃねえって》「そうでしょ」 呆れた返事に、生美は苛つき気味に視線を落とした

 ……“あの時”、あんなにも怖い思いをしたのに

わかってもらえないなんて

 悔しく感じると共に怒りを覚え、生美はコップに注いでいたジュースを流しに捨てると、冷蔵庫からアルコール飲料を取り出した

「勝手にそう思っていなさいよ

……あんたはなんっにもわかってない」《何言ってンだよ?》「もういい! 切るからね!!」《おい!!》 一方的に通話を切って電源まで落とすと、苛立ちを押さえきれず、ガンッと携帯電話をキッチンに投げ置き、アルコール飲料の蓋を開けて一気に飲み干す

 ……どいつもこいつも!! 根性なし!! 胃から炭酸を吐き出し、不快げに携帯電話を睨んだ