ビッグ・アップル・ウィンズ

ビッグ・アップル・ウィンズ

しかし、仮面を保守するまでの余裕は無く、表情は苦悶によって崩れ去る

あなたも好きかも:スロット 効果音 アプリ
 それを見て

あなたも好きかも:スピニャ・コラーダ
 薬師の娘が鼻を鳴らす

 携帯する雑嚢から小瓶を取り出す

 栓を抜いて中身を竹筒の水に混ぜる

「ほら、鎮痛剤」「…………」「強がらないの」「なぜ私の状態に気付いた?」「タガネと一緒

仏頂面して判りにくくしようとしてる人ほど、何を庇ってるか丸わかりなんだから」「私が、判りやすい?」「恥ずかしいほどに」 薬師の娘が胸を張る

 クレスは唖然とした

 腹芸などには自身があったが、この少女にはすべてが筒抜けだったという

いや、誰かに話したこともないので、知るはずもないのだ

 クレスは右腕をさすった

「貴様、何者だ」「え……しがない薬師ですが」「あの剣鬼の知己だ」「出会った事情は特殊かもしれないけれど、私は変わってると思われるほどじゃないよ」「そこまで隠すか、それなら――」「えいっ」 言葉を遮って

あなたも好きかも:キングダム ハーツ ゲーム機
 薬師の娘が竹筒を突き出した

 クレスの口に突き刺さり、中身が注がれる

 口内に広がる苦い味に一瞬の吐気を催しつつ、ゆっくりと飲み下していく

すべて飲み終えてから咳いた

 きっ、と薬師の娘を睨む