パチスロ 輪るピングドラム リセット

パチスロ 輪るピングドラム リセット

タガネは死体の一つを路地に蹴落とした

 路地の薄闇へ鈍い音とともに沈む

 タガネは足下の屋根木に突き立った短剣を拾った

刺客が使っていた物である

 柄元を確認して

「やはりか」 そこには獅子ではなく

あなたも好きかも:オンラインゲーム 頭を使う
 一対の翼をもつ人の姿が刻まれていた

 これは帝国の物ではない

「リクルは、現(・)帝(・)国(・)派(・)じゃない」 タガネには確信があった

 それは――リクルが何処かの間者であること

 これまでの道をかえりみれば、不自然な点が多かった

 最初に戦った刺客