ポンタ スロット 当たらない

ポンタ スロット 当たらない

いまのところ神宮に来ているのは神職関係者か、熱心な信者が多いから、なにかの参考になるかと思っただけ」「そういうことですか」 考助の納得できる理由に、シルヴィアはそう言って頷いた

 そして、シルヴィアは一度悩むような顔になってから、「一番わかりやすいのは、やはりテイムモンスターのように、どこかに目印をつけることでしょうか」「あー、やっぱりそうなるか」 考助がナナやワンリを連れて町を歩くときも、首輪のような目印をつけている

 それで、きちんとしつけのされたモンスターだと周囲に認識させているのだ

 それであればモンスターと勘違いされて襲撃されたりすることはない

 ただ、それはやはり考助が考えているイメージとは違っているのだ

 考助の顔を見てそのことに気付いたシルヴィアが、ため息をつきながらさらに話した

あなたも好きかも:全国 パチンコ 出玉ランキング
「それが駄目でしたら、地道にやって行くしかないでしょうね」「・・・・・・というと?」「はじめはそれぞれの神社の巫女から慣らしていって、あのあたりに出る狐は大丈夫だと思わせるのですよ

あなたも好きかも:パチンコ 漫画 剛
結界があってモンスターは入ってこれないですよね?」 確かにシルヴィアのいうとおり、百合之神宮は全体が結界でおおわれており、モンスターがその範囲内に入って来ることはない

 逆説的に、その中にはいることができる狐たちは安全だといえるのだろう

 ただ、シルヴィアも言った通り、このやり方だととても時間がかかるのは目に見えている

あなたも好きかも:スロット 四号機 思い出
 考助も神社で悩んでいたときに、同じようなことを考えていたので、ため息をついた

「・・・・・・道のりは長いなあ」「それは仕方ありませんわ

こうしたことは、地道な努力で改善していくしかありません」 人とモンスターとの関係は、相当な年月続いているのだ

 いくらシルヴィアといえども、あっという間に解決できるような妙案など思いつくはずもない

 そもそもシルヴィアがこんなことを考えているのも、考助と眷属の特殊な関係性があるからである

 でなければ、むしろ反対の立場を取っただろう

 狐の眷属たちと人との前途多難な関係改善に、考助は思わず大きなため息をついた