スーパージャック ポット スロット

スーパージャック ポット スロット

 まるでこの惑星の全存在を、ここを起点に解いて溶かそうとしてたみたいな……」「何言ってるかはわからんけど、身体はとりあえず動くな……」普通にベッドの上で上半身を起こせた

ミチカミは足元で寝ているようだ

あなたも好きかも:祖師 ケ 谷 大蔵 パチンコ
美射は腕を組んで彼を見つめて「とんでもない拾い物だったかもしれないわね……」と真面目な顔をする

五分後には完璧に身体は回復していた

しかも以前より遥かに調子が良い

あなたも好きかも:スロット 必殺仕事人 実機
服を着なおして、部屋の壁に立てかけてあった鞘に入った白い剣を手に取る

「……フォルトナ……そうか、お前、フォルトナって言うんだな」なぜか、白い剣の名前を俺は思いだすように呟く

あなたも好きかも:ハーデス パチンコ 金保留 ハズレ
「共感性の超増幅か、いや、記憶がエネルギーと共に取り込まれていたのか」美射が俺の手元の剣を眺めながら難しい顔をしてブツブツ言っている

鞘から抜いて、軽く刀身を眺めるとこの剣の使い方を頭の中で、記憶が花開いて満開になるように一気に理解していく

そうか……違うセイが……

「……美射、この剣……」涙を流しながら、今理解したことを言おうとすると「……言わないでいいわよ

どこか、別の世界の誰かさんの形見でしょ

 恐らく、モモカちゃんを中心に起こってる、平行世界との関連の産物よね」「……うん」美射は微笑みながら「私たちは私たちの世界のことを進めましょ

 別の世界の誰かさんたちは、邪魔をするなら排除して 手伝ってくれるなら、受け入れたらいいじゃない」「そうだな……」涙目を少し拭う

同時に違うセイの記憶は頭から掠れるように消えて行った

フォルトゥナの使い方は覚えている

「移動しよう」「……もしかしてワープホール的なものまで使えたり?」そこまでは想定してなかったようだが、なんと使える