不二子 スロット 設定1

不二子 スロット 設定1

 山頂の石化した人々を発見した

 タガネとしては尊重すべき文化的価値よりも、退廃的(たいはいてき)で狂気すらうかがえる異常性だけが際立って感じられる

 本来なら関わるべきではない

 ただマリアが被害者であると発覚した今、心中では彼らとの衝突を避けることは諦(あきら)めていた

あなたも好きかも:大和 パチンコ 求人
 村から続く雑踏は山頂へ

あなたも好きかも:ブラックジャック に よろしく 赤城カオリ
 低くなにかを呟いて進行する

「化身さまが参られた」「供物」「生け贄(にえ)」「捧げなければ」 口々に囁く

 その片言隻句(へんげんせっく)を耳で拾って、タガネはひとり思索する

あなたも好きかも:酒々井 ぱちんこ
 石化した人々、人を収集して体内で石化させて保存する魔獣、それを何かの化身と呼ぶ宗教、そして『橋織り』……

 何事を成そうというのか

 タガネはちら、と樹間から覗く

 山頂を占有する巨大な魔獣

 まだ夜闇で全容は見えないが、図体だけではない強さを感じる

魔剣レインが魔獣相手に反応しないのは、魔力反応が強すぎるためだ