スロット おすすめ 機種

スロット おすすめ 機種

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ 7テンパイ
ルッツはわたしの扱いに長けた、立派なグーテンベルクだもんね?」 わたしの言葉を聞いたルッツがヨハンと一緒に落ち込んだ

ルッツのことを褒めたつもりなのに、何故だろう

「今日はこのまま帰宅します」 鍛冶工房から出て、直接家へと帰ろうとしていると、カンカンカンと非常事態を知らせる鐘が鳴り始めた

直後に、東門の上に魔術具を使った救援信号のような赤い光が立ち上がる

 鐘の音と光に一番に反応したのは、騎士であるダームエルだった

あなたも好きかも:カジノ ブルーラベル
眉を寄せ、東門の赤い光を一睨みすると、即座にわたしを担ぎ上げた

「急ぐぞ」 ダームエルはそれだけ言って、家までの道を直走る

ここ最近、わたしに付き合って下町をうろうろさせられているせいか、入り組んだ路地を迷いなく進んでいく

 わけが分からないと言うように、ルッツが目を白黒させながら、それでもダームエルについて走ってきた

「もう道はわかる

お前は帰宅するなり、店に戻るなり、好きにしろ」 ついてくるルッツにそう言い捨てて、ダームエルは走っていく

 普段ならば、井戸の広場で解散するのだが、今日はわたしを担いだままダームエルは階段を駆け上がっていき、ドンドンと玄関の扉を叩いた

あなたも好きかも:バーロー ブラックジャック
「はい、どなた?……マイン!?」 出てきた母を半ば押しのけるようにして、ダームエルは家の中に入り、わたしを下ろした

そして、驚きに目を瞬く母とわたしを厳しい表情で交互に見つめる

「東門で騎士団の助けを要する事態が起こったようだ

巫女見習いの安全が確認できるまで、しばらくここで待機する」 突然の騎士の来訪に母はぎょっと目を剥いていたが、事態を呑みこめたのか、すぐに頷いた

「マインをよろしくお願いいたします」 ダームエルはすぐに対処できるように玄関扉の前に立った

カミルが泣き出したので、母は寝室へと向かっていく