パチンコ 北島三郎

パチンコ 北島三郎

意味が分かんないな、全く

「試合なんだから、勝ちに行くのは当然でしょ」「場の空気があるじゃない

あなたも好きかも:京都 向島 パチンコ
空気が」「それは分かるけど、手を抜くのも失礼じゃない」「それも踏まえてよ」 難しい事を言ってくるな

  というか、私がそこまで気を遣わないと駄目なのか

 もぞもぞシャツを着ていると、左の袖が結ばれた

「ちょっと」「いじめ」 眼鏡を押し上げながら呟く、清楚な顔立ちの女の子

それは、自分がやってる事じゃない

「だから、今言ったでしょ

戦いだって

あなたも好きかも:パチンコ チェリー 名古屋
勝つか負けるか、それだけなの」「勝つだけが全てじゃないでしょ」「まあね

でも、勝つ事には意味があるよ」「意味って何?」 私に聞かないでよ

 最後にブレザーへ袖を通し、襟のリボンを結ぶ

「格好良かったわよ」 そのリボンへ手を掛けてくる、前髪にウェーブを掛けた優しそうな子