スロット ジャングルマスターコングダム

スロット ジャングルマスターコングダム

 このように「ランキング」に載る書き手は、その勝因を文章全体の「勢い」に求めて個々の一文の働きにこだわりません

 安定しているところに置けば静止するが傾斜しているところに置けば動き出します

 角ばっていれば止まるが、丸ければ転がります

 だから「ランキング」に載る書き手が用いる「勢い」というのは、丸い石を高い山から転がすようなものです

――――――――――――― ちょっとわかりにくいかもしれませんので、補足していきます

 まず「長い文章を短い文章のように書く」は、一見すると「長編小説」を「短編小説」のようにと解釈してしまいがちです

 そうではなくここは「連載小説」を「長編小説」のようにと解釈してください

「結末」がわからない「連載小説」は、「長編小説」のように「結末(エンディング)」を決めて書けばいいということです

あなたも好きかも:小野田 パチンコ ufo
 そうすれば多少脱線しても本来想定していた「プロット」を経て「結末(エンディング)」へ物語を導くことができます

あなたも好きかも:京王 線 パチンコ
 次に「ランキング争いとテンプレート」についてですが、「ランキング」争いをするにはまず「テンプレート」に沿うことを目指すべきです

あなたも好きかも:熊本 スロット
「テンプレート」の利用は「逃げ」ではありません

 読み手に「安心感」を持って読んでもらうためのツールです

 どんな物語なのかわからないまま小説を読みたい方なんて、実はそれほどいません

 ほとんどの読み手は「こういう話が読みたい」と「読みたい小説像」が明確です

 つまり目的を持って小説を選んでいます

 その読み手の「読みたい小説像」を端的に表すのが、なにを隠そう「テンプレート」なのです

 需要があるから「テンプレート」に沿った作品は求められます

「テンプレート」のゴリ押しのようです

しかし現実として「ランキング」に載るのは「テンプレート」に沿った作品であることは、「ランキング」を見ても判りますが動かしがたい事実です