スリーカードポーカー

スリーカードポーカー

本当の意味での神儀一刀の奥義は神に対し試し、それが通じて初めて奥義たり得るのだが、その機会が巡ってくるようなことは滅多いない

あなたも好きかも:五所川原市 パチンコ
まあ、今回、現時点で言えば、ルキウスは神格候補や神格象徴持ちがいるので一応それを満たす機会はあり得る

あなたも好きかも:25日 スロット 東京
もっとも彼は神儀一刀を学ぶのは過程、剣の極を目指すためのものでしかなく

ゆえにそれに価値を見出すことはなく、試されることはない

あなたも好きかも:パチンコ 抽選 仕組み 並び
「さて………………」 剣を構えるルキウス

途端に周囲の空気が一変する

いつでもどこでも瞬間的に

どんな時にでも放てなければ技としてはあまり意味がない

本来ならこのように溜めは必要ない

あれば心構えもできるし、しっかりと準備し的確に、正確に扱うことはできるが

「行くぞ………………"駆龍"」 山に龍が走った

「っ!」「うわっ!? なんすかあれっ!?」 ルキウスが剣を振るうとその剣の斬撃痕、剣を振るった筋を伸ばした先、その先の山の地点からまるで竜がくねり暴れるかのように伸びていく

それは竜ではなく、膨大な斬撃による衝撃波というべき様なエネルギー

それは山に大きく傷跡をつけ、そのまま山から外れ空へ消えていく

その一撃によって残ったのは山に刻まれた斬撃痕

しかしそれは一見斬撃の痕には見えず、龍が暴れまわって進んでいったかの様

ゆえにこそ"駆龍"

龍が駆けて行ったような痕、という意味合いだ