デビル サバイバー 2 パチスロ

デビル サバイバー 2 パチスロ

だが、彼はあの戦いに敗れて以来、二度とそのような気を起こさなかった

『ここで君と過ごす日々のほうが大事だと知ったまでだ』 彼のそんな言葉がひたすらに嬉しくて、彼女は泣いて喜んだものだ

 だが、そんな幸せな日々も終りを迎える

あなたも好きかも:スロット モグモグ 天下泰平
“大破壊”が、なにもかも壊し尽くした

 メキドサールの平穏な日常さえも、奪われた

 こうなった以上、彼女も再び平穏で幸福な日々を取り戻すために立ち上がるしかない

リュウディースは静かな平穏を愛する

あなたも好きかも:閃乱カグラ スロット フリーズ 期待値
しかし、その平穏を脅かすものに対しては敢然と立ち向かい、徹底的に戦い抜くのだ

 このたびの戦いも、コフバンサールに移った魔王軍にとって、看過できないものだった

 そも、女神教団の存在を放っておくことはできない、とユベルは考えていた

リュスカにもそれは理解できる

あなたも好きかも:バッドビート
女神教団がただログナー島の統一を夢見る組織であればなんの問題もなかった

そのような他愛の夢ならば勝手に叶えればいい

人間社会に関わりのない皇魔には無縁のことだ

だが、女神教団は、メキドサールを襲った

メキドサールで静かに暮らしていた皇魔に襲いかかり、数多くの同胞、“娘たち”の命を奪ったのだ

 リュスカは、怒り狂った

 本能の赴くまま女神教団軍を滅ぼさんとしたが、ユベルの言によって冷静さを取り戻した彼女は、彼とともに軍を纏め、メキドサールを放棄することとなった

何百年もの間、彼女らリュウディースの国であり第二の故郷であり続けた森を放棄するという決断は、身を切るように辛いものだった