パチスロ リング 終焉ノ刻 終了画面

パチスロ リング 終焉ノ刻 終了画面

一ヶ月に一缶くらいか? たぶん、そんなもんだ

二つや三つも缶を開けると香りが飛ぶから、一つ開けたらずっとそれだ」「……そういえば、家事はきちんとやっているのね

男性にしては珍しいでしょう?」「青葉はどうなんだよ」「両親と住んでいたもの、やったことなんてほとんどないわ」「ああ、そっちが一般的か

自分の身の回りだからな、最低限はやってる

掃除や片付けは面倒だが、今のところ俺がやらなきゃ誰もやらんし

よっぽど時間のねえ時は業者に頼んで徹底的に掃除してもらってるが……あー、そういやまだ一度しかやってないな」「几帳面なのね」「まさか

必要に迫られて、嫌嫌やってんだよ」 その割には未使用のバスタオルも丁寧に畳まれていたし、新品特有の匂いがなかったのだから一度は洗濯しているはずだ

衣類もきちんと区別してあった

「シェフ、今日のメニューは?」「鶏モモのコンフィとコーンスープ

あなたも好きかも:パチスロ 化 物語
この前、何を思い至ったのかクルトンを大量生産したからな……あとはカルボナーラと、ポテト

あなたも好きかも:パチスロ 無抽選
デザートが欲しいなら、昨日の夕方に作ったトロペジェンヌがあるけど?」「ごめんなさい」 何の呪文だろうか

いやもちろん、コーンスープやカルボナーラとかはわかるけれど、コンフィとかトロペジェンヌとか意味不明だ

「えっと」「あー、最近はフランス料理が中心な

半年前はイタリア料理系を適当にやってた

外食は高くつくからな……」「それにしてはいやに手が込んでる……のよね」「――レシピってのは面白い

無駄と思える部分にも必ず、相応の理由がある

どんな簡単な料理でも、それは同じことで――そういう部分を、まあ、覚えようってな」「趣味でも、好きでもなく?」「好意と好奇心が同じなら」「ニュアンスの問題よね……」「だからって、いつもこうじゃない

学校の給食も不満はねえし、喫茶店じゃ珈琲を頼むこともある」「喫茶店? よく入れるわね」「入れないか?」「気後れはするわよ

私はまだ義務教育中の学生で、喫茶店はこう、雰囲気があるでしょう?」「あー……そんなもんか