パチスロ シュミレーター 無料

パチスロ シュミレーター 無料

けれど、リヒャルダの言葉を聞いているリーゼレータとブリュンヒルデはとても真剣な顔をしている

「わたくしは何人もの方にお仕えしてきました

初めてお仕えしたのはグレートヒェン様、その次はガブリエーレ様でした

ヴェローニカ様にお仕えしたことも、ボニファティウス様にお願いされてカルステッド様にお仕えしたこともございます

ゲオルギーネ様にもお仕えしましたし、ジルヴェスター様にもお仕えいたしました」 リヒャルダが挙げるいくつかの名前には知らない人の名前もあった

それだけ長い間、リヒャルダは色々な貴族を見てきたのだろう

「成人するまでの見習いの頃はともかく、成人してからは一流の仕事ができたと自負しております

あなたも好きかも:パチスロ 旧基準 リスト
けれど、今はとてもそのような自負を持つことはできません

姫様は神殿でお育ちのため、わたくしが今までに仕え、接してきたどの貴族の令嬢方とも行動の基となる考え方が違うのです」 自分の常識と経験に照らし合わせてわたしの意図を察しようと思っても、わたしは予想外のことをするし、聞いてもよくわからないことがあるとリヒャルダは言う

あなたも好きかも:ポーカー キャッシュゲーム 税金
「ご自分の体調よりも本を優先する情熱、成績向上に関する考え方、お茶会に対する行動……

どれをとっても、わたくしには姫様のお考えがわかりません

長年、色々な方に仕えて参りましたが、姫様にお仕えするのはとても難しいのです」 リヒャルダから見たわたしは、非常にアンバランスで不可解なのだそうだ

大人でも悩むことをサラリとこなし、上手く場をあしらうこともあれば、洗礼式を終えた子供ならば誰でも知っていることがわからずに右往左往していることもある

「姫様が何を知っていて、何を知らないのか、何が足りなくて、どのように不足分を埋めていけばよいのか、わたくしも手探り状態なのでございます」 そこまでリヒャルダに負担をかけているとは思わなかった

わたしは貴族院に来てからの自分の言動を振り返って、ちょっと反省する