北斗 無双 パチンコ プレミア

北斗 無双 パチンコ プレミア

「……おい、あんた"凶"だろ……闇の皇帝が本気で ナホン滅ぼしにきたのか……」「ここで死にたい?」そう言いながら、ニヤリと笑ってギロリとサワダを睨んだ山根に彼は少し身体を引く

何故か知らないが山根がもっとも恐ろしいようだ

サワダは、必死に平然を装って酒を飲み干す

山根は冗談が成功した顔でペロリと舌を出した

「サワダ、俺たちはナホンを滅ぼしに来たんじゃない」山根が怯えるサワダの背後に回り「旅行よ、りょ・こ・うー

慰安旅行ねー」肩をもみだした

サワダは青い顔をしながらも何とか言葉を搾り出す

あなたも好きかも:スロット スーパービンゴネオ やめどき
「……本当は中央城の消失と、何か関係あるんだろ……」「そこから先はー私の部下におじさんがならないと、教えられないなー」完全に山根が調子に乗り出した

本気でナコウを自分の配下にするつもりである

あなたも好きかも:カジノ 経済 効果
「い、嫌だ

あなたも好きかも:今後 の パチスロ 業界
"凶"の部下なんて、死んでもならねぇ……」「あっそ

つまんないな」山根はあっさり両手を離して、ナンマルの隣にストッと座る

ナコウにはそんなに"凶"の評判が悪いんだろうかと思いながらも、まあ、サワダが山根のおかげでちょっと態度が小さくなったからいいかとも考えつつ「とにかくサワダは、街を出る時に俺たちから離れてくれ