クッキー パチスロ

クッキー パチスロ

「知っていたんですか?」「同じ職場ですから

他の先生方も気付かれていたんじゃないですか?」「いやだなぁ……なんか」 少し目を逸らして恥ずかしげにソワソワとするが、それは本当の姿なのかどうなのか

 その判断も出来ないまま、原田は少し目を細めた

「長谷川先生は親御さんの看病のために実家に戻られたようですが……、本当でしょうか?」 探りに掛かる気配に気付いたのか、糸原は間を置いてため息を吐き、苦笑いを浮かべた

「もしかして、何か疑ってます?」 軽く首を傾げて笑みを浮かべた後に、「例えば……」と自ら視線を上げて予想する

「そうですねえ……

あなたも好きかも:パチンコ 牙 狼 最新
ボクが長谷川先生を犯した、とか

あなたも好きかも:パチンコ 一万円 負け
男子に長谷川先生を犯すように指示を出した、とか?」 最後、問い掛けと共ににっこりと笑って首を傾げられたが、原田は何も答えることなくじっと真顔で窺っている

そんな彼に、糸原は軽く噴き出し笑った

「先生までそんな話しに惑わされるなんて」 愉快げに背中を丸めて漏らした後、顔を上げると、尚真顔でいる原田に微笑んだ

「長谷川先生は、お母さんの看病のために止む得なく教師を辞めて、実家に戻ったんですよ

……事実はそれだけです」 穏やかな笑みと声色で告げられ、原田は表情を変えることなく口を開いた

あなたも好きかも:スロット シグマ 熱い 日
「お付き合いはやめられたんですか?」「やめるしかないでしょう?」 糸原は苦笑し、少し視線を落とす

「彼女の実家は遠いし

……ボクは付いてはいけませんからね

仕事もあるから」 軽く床に爪先を滑らせて俯く糸原に、原田は鼻からため息を漏らした

「いつから付き合っていたんですか? 先生たちは」「そう……だなぁ

春、くらいですかねぇ、確か」 視線を上げて思い出し呟き答えた後に肩をすくめる

諦めたような気配の彼に、原田は軽く首を傾げた