東小金井 スロット

東小金井 スロット

あなたも好きかも:化物語 スロット アプリ 無料
助手席に乗り込んだ青色は欠伸を一つ、頭の後ろに両手を回して

「芹沢の開発課に向かってくれ」 そう端的に言う

特に文句もなかったので、箱バンのアクセルを踏んで車を走らせた

あなたも好きかも:jins スロット
インフラ整備が徹底されたこの野雨市において、車であっても徒歩であっても、そう時間はかからない

簡単に言ってしまえば、大通りに対して小さい通りが多く、車は大通りで移動するためルートが制限される代わりに、移動そのものは徒歩よりも早い

あなたも好きかも:一関駅 パチンコ
逆に、徒歩であれば移動速度は遅いものの、小さい通りを抜けることで直線移動が可能なため、結果的に早くつく――つまり、大差はないと、そんな感じだ

「あ、忘れてた

俺は蓮華だ、蒼凰蓮華(そうおうれんか)」「へえ、そうか」「先に訊いておくが、お前のセーフハウスッてまだ空きがあるよな?」「調度品は揃えてあるが、セキュリティ組みまでしかやってない

俺の部屋の手入れもな」「五木ンところの妹が一人いるから、契約しろよ

それほどワケアリってほどじゃねェけどよ、お前ェンところなら安心だ」「あとで架空オーナーの直通ラインを教えておく、書類含めてそっちに送っておいてくれ

ぐるっと回って管理人の俺に通達がくる」「オーケイ、承諾が得られたなら何よりだよ」「ある程度、住人は厳選するつもりだったが、いないよりはいた方が自然だからな

その辺りを見越しての〝提案〟だと思えば、拒否感もない」「そりゃよかった」「……お前は暇なのか?」「ん? ああ、怪我が治るまでは死ぬほど退屈な時間を過ごしたからな

今はそう暇でもねェよ」「お前が、怪我? なんの冗談だ」「俺にも〝志〟ってもんがあるのよな、これが

それを崩さないためなら、怪我もするし、誰かに花を持たせることもあらァな

ま、たぶん次はねェよ」「心配しているわけじゃない」「だろうよ」 そこからは大した会話もせず、芹沢企業開発課へ行き、裏口の職員用駐車場に停める

向かう先は玄関ではなく、裏口だった

「――あと二分」「時間合わせか」「予約をしてねェなら、こういう手段になっちまうのは仕方がねェよ」 二分後、裏口が開いて初老ともおぼしき男が姿を見せ、二人の姿をみて驚いたように体を震わせた

「よォ、フラーケン」「誰が……! ああ、もういい